1万未満で楽しめた1泊2日の東京出張をお勧めポイントとともに振り返る

Cajon社から招待された6周年記念パーティーにいくために東京へ。
この時点で航空機代はCajon社からチケットをいただいているので費用には換算していません。
純粋な東京での宿泊、移動、お土産費用になります。

まずは鹿児島空港から搭乗。

行きは読書だったんですが、帰りに重宝しました。機内Wifi。

時期的に動きのあるサイトを作っているのでjQueryのお勉強を。

ここでの気づき

快適な空の便を楽しんで羽田空港に到着。
今回はいかにコストカットしながら楽しむかを目標にしていました。
当初の予定ではモノレールの往復と東京メトロの24時間チケットを乗り継いでいけばいいかと適当に考えていたんですが、行動範囲を思い返してみると都営の浅草線ばかりだったので都営まるごときっぷの方がよかったのかも。

メトロを買ってしまったがゆえに降りた浜松町駅の近くにメトロがなかったときは軽く絶望してましたね。

ここで1駅分、20分少々歩きました。スーツケースひきながら。
新橋駅からはメトロで乗り継ぎひと安心。。。
と気を抜いたら乗り換えを一駅前で降りてしまい、国会議事堂前駅を徒歩で通過し地下道を延々と15分くらい歩いていました。

結局1時間くらいで羽田からCajon社には着く予定だったんですが1時間半くらいかかりました。。。

時間まで会議室をお借りして案件処理を進めつつ・・・

記念パーティー会場に移動。ここはメトロでちゃちゃっt行けました。
団体行動って素敵。

その会場はこちらです

怒涛のように過ぎていった数時間でした。
オンラインでしか話したことのない皆さんと実際に会うことがまず嬉しかったですし、話をすればするほど尽きることはないんだろうなとも思えました。本当はまだまだ話したかったですが時間の有限さを恨めしくもありました。

今度は仕事の話をがっつりしたいですね。それだけITブートキャンプの将来性に期待しています。

楽しいひと時が終わり、宿泊地の日本橋へ移動したんですがグリッズ日本橋イースト 東京寝心地が快適でゆっくりできました。

朝はチェックアウトまでゆっくり現像しつつ仕事も少々。

銀座に向かうことにしました。目的地はギンザシックス。

たくさんのお店があったのは楽しみの一つで、人がとっても優しかった空間でした。
それでいて建物はもちろんですがラインナップが全て文化的。
歴史的価値のある物がいたるところに散りばめられていたので好きな人は一日中いても楽しめるはずです。

そして帰路に着くわけなんですがここで大きな問題が。
飛行機が鹿児島空港に着陸できないかもしれなかったんです。雷で。

結局は飛べて着陸も問題なかったのでほっとしました。

定型駐車場に停めていた車に飛び乗り帰宅。

家族へのお土産はこちらにしました。

果物パッケージはひとつひとつ柄の味になっているので見て楽しめて味も満喫できるため子供たちは大喜びでした。これでひと袋500円なので銀座といえども買い物は楽しみようだなと感じました。

ここまでで使ったお金は1万円。東京旅行ってお金たくさん持っていかないと楽しめないと思いがちですが、ちょっとした工夫を凝らすだけでたくさんの幸せを経験できるしお土産に持って帰れるんだなということがわかりました。

今度は家族全員7人旅で東京に行きたいなと思えるような素敵な経験をさせていただきました。

コメント