Adobe premiere proを使った動画圧縮がMacファイルサイズ削減の最適解

動画圧縮

まずは結果からですが、元データ10.9MBの動画ファイルを963KBまで10分の1強ほどの圧縮に成功しました。

 

QuickTime playerで画面収録する。(10.9MB)

画面収録の参考データ( https://pc-karuma.net/mac-desktop-screen-recording-quicktime-player/ )

Finderにビデオファイルの圧縮機能ができている。

Mac(macOS 10.12.5) > Finder > 動画を右クリック(control+クリック) > サービス > 選択したビデオファイルをエンコード(3.5MB)

たったこれだけの作業であっとゆう間にm4v形式にエンコード(動画圧縮)されます。

 Adobe premiere proでwebに最適化させる.webm形式に変換

書き出されたm4vファイルをAdobe premiere proに読み込ませて.webm形式で書き出して完了!(967KB)

webmのインストール参考データ( https://front-no-end.net/webm-adobe-premiere-pro-cc/ )
以上となりますが、1分少々の動画なら5分程度で終わるような内容です。

⬇︎作業工程のプレビューです。

コメント