独学で本をつかって覚えたいなら一番勧めたいサービスは【メルカリ】

レビュー

Webを仕事にするようになってから独学としての本を読む量が一桁多くなりました。ところがかけるお金は少なくなりました。わかりやすく画像を添付するとこのように、同じ値段でも倍以上の本が揃うことになるのです。

メルカリ

それではメルカリを使うでどのようなメリットがあるのかを書いてみます。

商品の更新速度がすごく早い

毎日、更新通知が送ってくるように設定しているのですが日に数件は必ず更新されていて1通のメールにまとめて送ってくるのも親切設計、価格もばらけてくれるので安くあげることもできます。

さらにキーワード検索が優秀で販売中のものに限定することもできるので、タイトル指定も併用して気になる書籍は片っ端から更新通知設定しています。

出品してすぐ売れる

基本的に定価より安値で買えるのでさらに安値でしか販売できなさそうですが、状態によっては十分に同価格帯で販売できるものが多いです。

そしてメルカリはオークションと違って即決が前提となっているので、売れるまでの時間が本当に早いです。早いと数分とかでも十分売れるんじゃないでしょうか

本は当たり外れが少ない

これも要因としてありがたい点で、梱包もきれいですし出版から期間があいた書籍でも保管状態が良いものが多いです。破れたりとか当たったことがないです。

コンビニ決済でも配送まで時間がかからない

早いものでコンビニ払い後30分で配送完了のお知らせがきます。システムがそうなっているのか出品者がそうなのかですが鹿児島でも1日半の通常時間軸で届くので読むスケジュールもとても立てやすいです。

読んで売ってと費用対効果が高い

読んだ本を出品したい時の操作として商品一覧のページにカメラ機能も埋め込まれているので、次読みたい候補を探しながら売りたい本を出品するなんてこともストレスなくおこなえます。

↓登録はこちらから

独学は本を読むにも実行するにも量が大前提

ここまでメルカリをつかったメリットを書いてきましたが、独学でいろんなスキルを覚えていくには量をこなすことが一番大事です。

コーディングひとつ取っても同じで、書けば書くだけ感覚的な部分も身についてきますし反射で書けるようになってきます。頭で理解するだけでは実際に制作できるようになるまで相当な時間がかかってしまうんですね。

そして、簡単なものでも構わないので形にすることが第一歩だなと痛感します。どれだけ資格とりました!とか得意な言語はこれです!なんて言われても実績として形になっていないことにはクライアントも判断できないからですね。

積み重ねを元にしていくには最初の頃の作品は1年も経つと見てもいられない低レベルなものに感じるでしょう。それでも残していることが大事です。Webサイトは特に更新することができるので、自分の成長をそのままぶつけてあげればいいのですから。

コメント