【メモ】youtubeに使う音源や素材について著作権などの権利関係のまとめ

リモートワーク

YouTubeにJASRAC管理曲を使用した動画をアップロードする件について

こちらを拝見するにJASRACとyoutubeは包括契約を結んだので演奏してみた系の映像だとyoutubeにアップはできる。けど権利を所持している原作者やレコード会社から異議申し立てがあるときはその限りではない。と解釈しました。

がしかし、itunesなどのダウンロードや市販のCDから音源を抽出して映像に使用するのは著作隣接権がかかってくるのでNG。

またアーティストの静止画を使って音源を提供するのも肖像権の絡みがでてくるのでNG。

ということで著名なアーティストの楽曲を使って営利目的(広告を該当ページに貼り付けてあるなど)のサイトやチャンネル(youtube)の運営はできないということですね。あくまで非営利でならOKということでしょうか。

参考までに↓の画像は改変後の再使用が許可された画像の検索画面です。

スクリーンショット 2015-07-18 23.27.16

検索にフィルタリングをかけないというのがデフォルトの検索結果なんですが

スクリーンショット 2015-07-18 23.45.24

結果はかなり違います。こちらは著作権許諾が取れてない画像がほとんどなので商用利用のサイトや製作物を作る際にはお勧めできないですね。

*権利関係の状況が変わったときはまた更新します。

コメント