ホームページ制作で見える自社ブランディング | 会社の棚卸しをしよう

企業情報の旗艦としてクリアディションのホームページをリニューアルしていってるんですが、(というより本腰入れて作ることにした)映像、デザイン、美容を統括的にまとめて演出色を強く出していく為に各分野のメニュー等を一新したり再構築したりなどしております。

その時に気付けることというのが自社のブランディング。伝えたいことや見せたいイメージ等が明確になっていないと企業の柱がかなりぐらついています。そのための自社の棚卸しが可能になるのがホームページ制作と考えています。SEO対策に始まるキーワード選定やデザインのレイアウト、いかに伝わるメニュー構成になっているか、社長や社員の想いが形に現れているか?など必要になることはいくらでもあります。

【業種が関係ないからホームページはいらないかなぁ】という声もよく聞くのですが、それは単に競合他者がいない現状なだけでむしろチャンスでもある訳です。【そんなに書くことなんてないよぉ・・・】ということもよく言われますが、伝えたいことがそんなに多くない企業、店舗にお客様が依頼したい、行きたいと思うでしょうか?そういう悩みを解消する為のホームページ制作ですが、ただ単にデザインするだけがウェブデザインの仕事ではありません。

何が問題で何を目標にするのか?市場分析を行い発信しフォローバックを行う。これだけSNSが増えたご時世だからこそ旗艦となるホームページ制作は大事な要素となってきます。毎月毎月の経理はきちんとするのに企業の指針を見直さないのはおかしいですね?更新されていない名刺代わりのホームページはどんどん減ってきています。情報も交通網も発展しているからこそできる集客方法として自社の棚卸しを兼ねたウェブデザインはいかがでしょうか。

余談ですが、ひと月に何度もポスティングされたエステサロンがあったのですが、そんな場当たり的にポスティングされても行きたいとは思わないのになぁ・・・と少々残念な気持ちになりました。適材適所で望んでもらいたいものですね。

コメント