IDE codeanywhereでWordPress環境を5分でたてる

codeanywhereというIDEをつかうと、WordPress環境を構築するまで5分でできるようになります。codeanywhereはユーザー登録してあればメールアドレスで開発環境に招待できてチーム開発まであっとゆう間にできます。

codeanywhereでWordPress環境を構築する

まずは

codeanywhereでWordPress本体をインストール

codeanywherejにログインしてダッシュボートをみてみると

projectsボタンがあるのでクリックしてCreate a new Projectでプロジェクト名を決めてはじめます。

次にこちらの画面になるので、Name=container名:環境の名前、検索フォームにwordpressと入力してUbuntu環境をクリック。CREATEします。

検索フォームを空欄にすると対応している言語やフレームワークがみれます。かなりの多さだと思うので目的がきまっていたらキーワード検索かけた方が早いです。

入力するとしばらく待ちます。

WordPressのUbuntuを選択すると自動でWordPress環境が立ち上がります。

ところがそのままではまだつかえないんですよね。

WordPressのデータベースを使えるように権限変更する

データベースを登録しなければいけません。

wp-config.phpをみてみると

ログイン情報があるので、最初に開いているcontainer infoをみていくと、1番下にこのような表記の説明があるURLがあります。

http://表示されていたURL.codeanyapp.com/phpmyadmin

 

このURLがこの環境で使えるphpmyadminになります。ここにMySQLでデータベースをつくっていきます。URL先のログインでは最初に割り振られている”wordpressuser”ではいります。Wordpressという名前でデータベースが作られているのを確認します。

 

wp-config.phpに戻り、以下のコードを1番下に添付してあるのを確認します。

 

/** FTP fix */ 
define('FS_METHOD', 'direct');

 

最後にターミナルで以下のコードを読み込んでいきます。

 

sudo find . -type f -exec chmod 664 {} +
sudo find . -type d -exec chmod 775 {} +
sudo chown -R vm_username:www-data ~/workspace

 

*vm_usernameはcaboxで定義されているので差し替えて使います。

 

WordPressデータベースをインストール

WordPress本体はすでにあるのでWordPressのデータベースをインストールします。

データベースの準備が整っているので、container infoに以下の説明がされているURLをクリック

だけだとだめなので、以下のコード構成にします。

http://表示されていたURL.codeanyapp.com/wp-admin/install.php

これでWordPressのインストール画面に進んでくれるので登録すれば使えるようになります。

まとめ:コマンドラインが少し必要な程度であっという間に終わる

全体の流れとしては

  1. WordPress本体のインストール
  2. codeanywhere環境でつかうデータベースの権限をユーザーに変更
  3. WordPressデータベースのインストール

それぞれわかっていると5分もかからず終わると思います。

チームメンバーを招待する方法

編集画面の右側にこのような表示があるので

右クリックをしてSHAREを選択

招待したいメールアドレスを入力したら終わります!

 Can Editを変更すれば招待されたメンバーの権限が変えられるので、見てもらうだけなのか編集も手伝ってもらうのかで使い分ければ良いかと思います。