スキル販売サイトにをチャット機能をつけるならDrift

スキル販売をするようになって感じるメリットがチャット機能があることなのですが、 外部サービスをつかっていると決済までに手間取ってしまうことがあるのですよね。

今回はチャットでの相談>決済までを自サイトで完結させるためにチャット機能を実装する方法のご案内になります。

 

Drift: Messaging For Sales

Drift: Messaging For Sales
開発元:Drift.com, Inc.
無料
posted with アプリーチ

Drift: Messaging For Sales – Drift.com, Inc.

今回使っていくのはこちらのDriftというアプリになります。

WordPressでの登録から自サイトに登録するまで

webでの登録

まず公式ページでアカウントを作ります。

こちらのCREATE FREE ACCOUNTからです

続いて設定に入ります。

こちらのCreate a Sequenceをクリック。

上から色とアイコンの表記、利用する言語になります。

次はアナウンスの文字を変更します。

左で入力、右がプレビューです。

最後にプロフィールなどを入力してアカウント作成は完了です。

WordPressとの紐付け

実際に使えるようになるためにWordPressへ設定していきます。 先ほどのアカウント作成完了画面から進むとこちらのようになりますので

上のI’LL install it myselfをクリック

WordPressを選択してINSTALL DRIFT PLUGIN→でプラグインダウンロード、WordPress管理画面から新規追加します。 そのすぐ下のNEXT:PASTE CODEでコードをコピーします。

ここからWordPress管理画面での作業になります。

プラグインを有効化したあとにWordPress管理画面>設定>Driftを選択するとこのような画面になります。

ここで設定をenable、下の入力フォームに先ほど入力したコードをペーストして完了です

webでの使い方はチャットボタンのby Driftから

公式ページのトップ画面に進むのでLOGINします。

続いてでてくるSlackとの連携をおすすめ、通知をSlackに飛ばしてくれるのでSlackを使っている方はConnectしておくと良いです。

基本はチャット機能を使うだけでok

このようにダッシュボードでは多くのアイコンがありますが、吹き出しアイコンのところでチャットができるようになるのでここしか使いません。 設置したページからチャットが送られてくるとこちらの項目にどんどん追加されていきます。

質問ごとに個別でボックスが作られるので重複して見られるということはありません。

アプリならWordPress連結以外の機能が使えます。

Drift: Messaging For Sales

Drift: Messaging For Sales
開発元:Drift.com, Inc.
無料
posted with アプリーチ

Drift: Messaging For Sales – Drift.com, Inc.

こちらのDriftというアプリですが、ひと通りの設定が終わってからインストールすると手間が大幅に省けます。 インストールしてログインするだけで終わってしまうので… そのあとは設置したページから問い合わせがあればアプリに通知が来るので外出時でも安心して使えます。

プログラミングの回答はアプリでは難しいので商品の相性はあるかもしれません。

これでいろんなチャットアプリをインストールしてごちゃごちゃすることも大幅に減りますし、問い合わせフォームが消えるのでメールチェックと返信の気の重さからも解放されるかもしれません。